社会福祉法人 北海道社会福祉事業団 
地域生活支援施設 だて地域生活支援センター
ホーム施設概要事業内容求人・入札その他発行物リンク
   
施設概要
 

  障がい者が施設から地域生活へ移行するための中間的な支援施設として、昭和48年に通勤センター旭寮として設立されました。その後、地域生活者の多様なニーズに対応するため、平成10年に地域援助センターらいむが設立され、地域において生活する障がい者の地域生活を支援する拠点としての機能が拡大されました。
 現在、伊達市内において、グループホーム、ケアホーム、民間アパートなどに住みながら、一般企業や障がい福祉サービス事業に通う約540名の利用者に対し、地域で暮らしていくための必要な支援を行っています。

     
実施事業・定員
 

  第二種社会福祉事業
   自立訓練(宿泊型)事業  定員 20名
   一体型共同生活介護・共同生活援助事業 定員214名
    (宿直支援型ホーム17ヶ所・通勤支援型ホーム21ヶ所)
   共同生活介護事業     定員117名
     (宿直支援型ホーム18ヶ所)
   居宅介護事業
   重度訪問介護事業
   相談支援事業
     市町村相談支援事業
     広域相談支援体制整備事業
     障がい者・生活支援センター事業

   
沿革
 

昭和48年 6月  
  「伊達市立通勤センター旭寮」開設。

昭和51年 9月 
  伊達市における知的障がい者の下宿第1号「若林下宿」誕生。

平成元年10月 
  地域生活援助事業(グループホーム)開始。

平成 3年10月 
  北海道より「地域援助センター」の指定を受ける。

平成10年 4月  
  「地域援助センターらいむ」を新設。
  「通勤センター旭寮」とあわせて、総称を「伊達市地域生活支援センター」に改称。

平成18年 4月 
  伊達市よりセンターの管理・運営について北海道社会福祉事業団に譲渡される。
  名称が北海道社会福祉事業団だて地域生活支援センターに変更となる。

平成18年10月 
  共同生活介護・共同生活援助一体型事業開始。
  伊達市より相談支援事業の委託を受け、「相談室あい」を開設。

平成19年 7月  
  居宅介護・重度訪問介護事業所「サポートセンターまめ太」を開設。

平成21年 4月
  胆振圏域・障がい者就業・生活支援センター「すて〜じ」を開設。
  広域相談支援体制整備事業を受託「るぴなす」を開設。

平成22年 4月
 知的障がい者通勤寮を障害者自立支援法に基づく新体系(自立訓練宿泊型)に移行。

     
所在地
 

自立訓練(宿泊型)事業「旭寮」
一体型共同生活介護・共同生活援助事業「らいむ」
  〒052-0015 北海道伊達市旭町50番地62
  電話 0142-23-5603  FAX 0142-21-4556・0142-23-0836

大きな地図で見る

共同生活介護事業「ぴいす」
居宅介護事業「サポートセンターまめ太」
  〒052-0014 北海道伊達市舟岡町200番地49
  電話 0142-23-7123  FAX 0142-23-7134 (ぴいす)
  電話 0142-82-3191  FAX 0142-23-7134 (サポートセンターまめ太)

大きな地図で見る

市町村相談支援事業 「相談室 あい」
  電話・FAX共通 0142-25-3838
広域相談支援体制整備事業「るぴなす」
  電話・FAX共通 0142-22-3200
胆振日高障がい者就業・生活支援センター「すて〜じ」
  電話 0142-82-3930  FAX 0142-82-3933
  〒052−0014
  北海道伊達市舟岡町334番地9 あいぷらざ1階

大きな地図で見る

   
社会福祉法人 北海道社会福祉事業団  (c)2009 Hokkaido Social Welfare Service Corp. All rights reserved