社会福祉法人 北海道社会福祉事業団
ホーム法人概要求人・入札掲載情報決算情報リンク職員専用
理事長挨拶・沿革 経営理念 倫理綱領 施設マップ 施設紹介 事務局所在地 
   
職員倫理綱領
 
 北海道社会福祉事業団は、「障がい者の自立への取組み」「社会的使命の達成」「地域との共助・協働」という法人の経営理念を実現するため、ここに職員倫理綱領を定めます。
1 利用者の尊厳の保持
  私たちは、利用者一人ひとりを、かけがえのない存在として大切にし、その個性、主体性、可能性を尊重します。


2 利用者の人権の擁護
  私たちは、利用者一人ひとりの人としての権利を擁護し、いかなる理由によっても差別、虐待、人権侵害を許さず、また、決してこれを行いません。


3 利用者の社会参加
  私たちは、利用者一人ひとりが、年齢や障がいの状態などに関わりなく、社会を構成する一員として社会に参加し、自立した市民生活が可能となるよう支援します。


4 職員の専門性の向上
  私たちは、福祉に従事する職員としての社会的使命と役割を自覚し、常に専門的知識や支援技術の向上を目指して研鑽に努めます。


5 児童の健全な育成
  私たちは、児童一人ひとりの療育上の課題を理解し、その願いや思いを受け止めながら分けへだてない愛情をもって支援し、健全な育成に努めます。


6 利用者や家族の個人情報の保護
  私たちは、利用者や家族のプライバシーを守るため、業務をとおして知り得た個人情報の保護や秘密の保持に努めます。


7 保護者や家族との信頼関係の構築
  私たちは、保護者・家族の願いや要望を真摯に受け止め、信頼関係を構築しながら、利用者にとってもっとも望ましい支援のあり方を日々追求します。


8 ノーマライゼーション社会の実現に向けた地域との連携・協力
  私たちは、障がいのある人もない人も、ともに地域で暮らすノーマライゼーション社会の実現を目指し、地域住民や関係機関・団体と連携協力しながら、それぞれの地域において福祉に対する理解が深まるよう努めます。

 
社会福祉法人 北海道社会福祉事業団  (c)2009 Hokkaido Social Welfare Service Corp. All rights reserved