社会福祉法人 北海道社会福祉事業団 
知的障がい児施設 もなみ学園
ホーム施設概要事業内容求人・入札その他発行物リンク
   
施設概要
 

  知的障がいのある児童に対し、個々の適性や能力に応じて、必要な知識・技能を習得させることを目的に、昭和25年に設立され、北海道が直接運営していました。 平成18年4月からは、当事業団が北海道から施設の移譲を受けて、経営を行っています。
  地域で生活している発達に心配のある児童に対しては、短期入所や障がい児通所支援事業(旧 児童デイサービス事業)を通じて、在宅療育や日常生活に関する正しい知識の習得などの支援を行っています。

     
実施事業・定員
 

  第一種社会福祉事業
   福祉型障がい児入所施設 定員 60名

  第二種社会福祉事業
   障がい児通所支援事業      定員10名
   短期入所事業(空床・併設型)  定員10名
 
  その他の事業
   日中一時支援事業    定員 4名

  ■敷地面積  7,547平方メートル
  ■建物面積  2,926平方メートル

     
沿革
 

昭和25年 1月
  「北海道もなみ学園」設立(札幌市川沿町 定員40名)
昭和31年 8月
  火災消失による復旧施設落成(現在地 定員50名)
昭和36年 4月
  「北海道立もなみ学園」に名称変更
昭和40年 1月
  定員変更(定員100名)
昭和58年 3月
  新園舎落成
昭和58年 7月
  混合療育施設となる(定員80名)
昭和58年 8月
  附置施設として母子短期療育施設開設
平成16年 4月
  定員変更(定員70名)
平成18年 4月
  北海道から、もなみ学園の管理・運営について北海道社会福祉事業団に移譲され、
  「北海道社会福祉事業団もなみ学園」に名称変更(定員60名)
平成18年 9月
  児童デイサービス事業開始

 
施設設備
 
 
居室 デイルーム
 
食堂 浴室
医務室 中庭
 
所在地
 

 〒005-0850
 北海道札幌市南区石山東3丁目5番1号
 電話 011-591-8434 FAX 011-591-4330


大きな地図で見る
   
社会福祉法人 北海道社会福祉事業団  (c)2009 Hokkaido Social Welfare Service Corp. All rights reserved