スタッフの声

福祉村
理学療法士 石山 輝一
(北海道文教大学卒 平成25年4月採用)

 事業団を選んだきっかけは先輩に勧められたこともあったんですが、これから事業が拡大して面白そうと思ったからです。いろいろなことにチャレンジして、 様々な自分を発見したいと思っていましたので、どんどん事業が増えている事業団は絶好の職場だと思いました。
 今は福祉村で、村内の利用者のPT訓練を担当していますが 将来は福祉村を飛び出して様々な場所でお仕事がしたいです。
 実際仕事をしてみて思ったのは、やっぱり大変だなということです。学校で習った知識だけでは、どうにもならないことがたくさんありました。 ただ悩む前に、声をかけてくれる先輩がいたので1日も仕事に行きたくないとかは思ったことがないです。先輩に遠慮なんかしたら、怒られてしまうくらい(笑)に 現場の雰囲気はいいです。
 この仕事は、スタッフで利用者を支える仕事なんだと思います。PTもOTも支援員も・・・、利用者にかかわる全スタッフが協力して初めて一つの仕事ができる のだと感じます。知識や技術はまだまだなので、いろいろなことを教えてもらえるように明るく楽しくをモットーにとりあえずコミュニケーション能力は 負けないようにしたいと思っています。利用者との会話はこの仕事のやりがいを感じるところでもあります。
 たいへんな仕事ですが、やりがいを感じられる部分は確実にあると思います。これからどうしようと、悩んでる方がいたらまずチャレンジしてみて損は 無い職場だと思います。


相談支援センターあ〜かす(釧路町)
相談員 谷田 匡浩
(中途採用 平成25年4月採用)

 別の法人での福祉の現場での経験を経て事業団でお仕事をすることになりましたが、事業団は中途採用だから即戦力なのは当たり前ということはなく、 中途採用の私でも普通に新卒のみなさんに混じって新人研修を受けることができ、フレッシュな気分でお仕事をしています。
 今のお仕事の内容は、障がいをお持ちの方やそのご家族から相談を受け、そのニーズや希望を把握し、 よりよい地域生活を送るために自治体や社会福祉法人で提供しているサービス利用に向けた調整することです。 相談者との信頼関係を築きながら、自治体や社会福祉サービスを提供する法人などの関係機関、職員間と連携し問題を解決していきます。
 直接の支援現場とは違いますが、事業団以前の福祉の現場での経験を活かせるのはもちろんのこと、利用者ニーズにこたえるというお仕事には、とてもやりがいを感じています。



太陽の園
支援員 浅井 章弘
(北海道福祉衛生専門学校卒 平成25年4月非正規職員からの登用)

 伊達市出身で、専門学校時代に太陽の園で実習する機会があり、ここで働きたいなと思い太陽の園で非正規職員として働いていました。何年か働くうちにキャリアアップしたいと考えるようになり正社員への登用を希望し、念願の正社員になることができました。
 現在は、居住棟の支援員として利用者の生活支援全般に携わる仕事についています。利用者への支援は支援計画で方向性は決まっていますが、利用者の状況に合わせて日々違った支援に対応していくことが必要です。また、一人ひとりの必要な支援を見つけ出すことは、難しいと感じることが多いです。 そんな時には、各部署にベテランの職員がいるのでアドバイスを求めることができますし、同世代とも悩みごとや困りごとを共有することもできます。
 まだまだ、学ぶことも多いのですが、利用者が楽しく充実した生活することが出来るよう常に心がけて仕事をしていきたいと思っています。


伊達市障がい者総合支援センターあい
相談員 長田 祥平
(札幌国際大学 卒 平成25年4月非正規職員からの登用)

 元々福祉とは関係のない仕事に就いていましたが、一念発起して福祉の学校に入り、もう一度やり直すことにしました。学校を卒業して、国家資格の取得を目指す中で現場の経験も積んでみたいなと思うようになり、仕事を探す中でもなみ学園で臨時職員として働くことになり、これが現在の職場で働くきっかけになりました。
 今は、相談員として、地域に直接出向いて地域や利用者が抱える困りごとを解決することや、利用者を様々な社会資源に繋げることなどを日々行っています。個々の困り感を解決することは、簡単なことではありませんが、自分のことを頼りにしてくれていると感じられる瞬間はとてもやりがいを感じます。
 相談員の仕事をして思ったのは、今までの様々な仕事や経験が、今の相談員という仕事に活きているということです。学校で学ぶことも大切ですが、現場で学ぶこともとても多いです。いろいろな現場や経験を積むため、色々なことにチャレンジしようと思う気持ち、これを忘れないよう心がけています。


太陽の園
心理士 宮本 あきら
(北海道医療大学院 卒 平成25年4月採用)

 事業団の採用試験を受けるきっかけは、今の職場を大学の先輩から紹介してもらったことでした。今のお仕事は、発達診療相談室での発達検査や心理指導ですが、利用者は子どもから成人の方まで幅広いです。また、地域支援として、保育所などの関係機関に出向きお子さんの行動観察とその結果を受けて心理士として、お子さんへの対応をどのようにしていったら良いかなどのアドバイスも行っています。
  利用者やその保護者との関係構築や困りごとの解決など大変だなと思うこともありますが、子どもの成長していく様子が見られることは、とてもやりがいを感じる部分です。
心理士として利用者の心のケアに携わることはもちろんですが、利用者一人ひとりの利用者の発達全般に渡って支えていけることができるオールマイティーな仕事のできる心理士になるために、多くの技術や知識を身につけられるよう、日々努力していきたいと思っています。