社会福祉法人 北海道社会福祉事業団 
肢体不自由児療護施設 白糠学園
ホーム施設概要事業内容求人・入札その他発行物リンク
   
利用者募集のお知らせ
 
白糠学園のごあんない

  全国的にも数少ない肢体不自由児療護施設として、昭和55年に設立され、身体の不自由な子どもに対して、将来の自立生活に適応できるよう必要な知識の習得や機能回復を目的に生活指導や機能訓練を行っています。
 平成23年5月現在では、28名の児童が入所し学園を利用しています。
 そのほかにも、地域で暮らす障がい児への支援として専門職を派遣する事業や、成人の障がい者への支援として日中活動やケアホーム運営の事業を行っています。
 

 
白糠学園に入所できる児童

 年齢が3歳以上18歳未満で、次の児童が対象となります。
 @おからだに運動機能の障がい(肢体不自由)がある児童
 A医療機関に入院させるなどの常時看護治療を必要としない児童
 Bご家庭の事情などから自宅での療育が困難な児童

 これまで、児童の入所施設は障がい別に8種類に分けられ、それぞれの施設を利用できる児童については、障がいの種別によって細かく定められていましたが、平成24年度からは、法改正により福祉型と医療型の2種類となりますので、障がいの種別にかかわらず、いっそう利用しやすくなります。
 白糠学園も、平成24年度以降は、上記の対象児童以外についても入所の受け入れを検討してまいりますので、施設の利用に関して、お聞きになりたいことがあれば、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

入所手続き及び相談機関

  白糠学園に入所されるときは、手続きとして、市役所・町村役場や児童相談所への申請が必要となりますので、居住地区を所管する児童相談所、もしくは居住する市町村の障がい福祉担当課にご相談ください。
  お分かりにならないことがあれば、いつでもお気軽に白糠学園にお問い合わせください。
  電話番号、電子メールでのお問い合わせは、以下のとおりとなります。
 TEL 01547-2-5381

   
社会福祉法人 北海道社会福祉事業団  (c)2009 Hokkaido Social Welfare Service Corp. All rights reserved